会期|2024年5月10日(金)– 5月31日(金)
時間|24時間(ライトアップ:17:00 – 24:00)
会場|東京ガーデンテラス紀尾井町(紀尾井テラス1Fエントランス)
住所|〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町1−2
Official|https://www.tgt-kioicho.jp/feature/event/roseweek2024/

主催|西武リアルティソリューションズ、企画|Studio Per、プロデュース|en one tokyo inc.

東京ガーデンテラス紀尾井町「KIOI ROSE WEEK 2024」が2024年5月10日(金)– 5月31日(金)の期間に開催。一本のバラの根と、その根から吸収した養分によって育つ花との関係を、バルーンと紙で表現したエデンワークス篠崎恵美さんとのコラボレート作品「Embrance|植物は根から生まれる」を発表いたします。また、施設内のザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町36階で、Embrance作品で用いた使用済みのバルーンをレジンで閉じ込めたDAISY BALLOON「Apple bear- POLARIS-B」と、edenworks「PAPER EDEN」も同時展示しています。

Embrace|植物は根から生まれる
わたしたちが日常生活で見る、花や木は、地中にある根から生まれています。土から吸収した養分を糧に根が育ち、地上に芽を出して、一本の木へと成長を遂げる。その過程の中で、数十年間かけてたくさんの花を咲かせ、未来への種を蒔きます。「Embrace」では、視認しやすい地上の花や木だけではなく、地中深くに広がる根の世界も包含した植物の立体像<イマージュ>を、一本の薔薇の根と、その根から吸収した養分によって育つ花をモティーフに表現しています。根と花は鏡のように地上と地中で相似形を成しながらひとつの生命を躍動させますが、その姿は、まるで過去の自身を包み込み、肯定しながら成長しているように見えます。根からはじまり、数十年かけてたくさんの花を咲かせて散っていく植物の生命の在り方を通じて、自然から乖離し始めた人類が探求すべき、「生命とは何か」という問いかけへと繋がっていくことを願っています。

作品サイズ|W1.8×H21.3m
写真|小川真輝

©DAISY BALLOON

デイジーバルーンのオンラインストア「AgainSTORE」がオープンいたしました。
AgainSTORE|https://againstore.stores.jp/
オンラインストア内で主軸となるApple bear 260 Seriesのプロジェクト作品は、売上の一部を*空飛ぶ捜索医療団 "ARROWS" さんへ寄付いたします。

*空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"(運営:認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン)
大規模災害の被災地にいち早く駆けつけ、救助・救命活動を行う、医療を軸とした災害緊急支援プロジェクトです。航空機やヘリコプター、船などの輸送手段を活かし、医師や看護師、レスキュー隊員、災害救助犬などの救助チームが被災地に赴きます。
令和6年能登半島地震を受けては、石川県珠洲市で発災翌日から活動を開始。発災直後の救助・救命活動から物資配布や避難所運営、中・長期的な復興のサポートまで必要な支援を最適な形で届けます。(空飛ぶ創作医療団公式HPより)
公式HP|https://arrows.peace-winds.org/
令和6年能登半島地震支援特設ページ|https://arrows.peace-winds.org/lp/support_noto_earthquake/

©DAISY BALLOON

会期|2023年11月3日(金)– 2024年1月10日(水)
会場|World Financial Center
住所|No.1 East 3rd Ring Middle Road, Chaoyang District, Beijing
Official|https://www.bjwfc.cn/?lang=en

World Financial Centerの作品「共振」は、上海、広州、北京へとわたり「Walking on Air」インスタレーション最終形態の展示作品となります。
共振|光の集積と揺らぎによって、多様な色彩が重なり、新たな生命エネルギーへと繋がっていくさまを表現しています。流動的なデザインは無限の可能性をもたらし、夢と活力を鼓舞します。

※「Walking on Air」インスタレーションは、上海(westbund / LUMINA Shanghai - Atrium / LUMINA Shanghai - Arena)、広州(LUMINA Guangzhou)、北京(World Financial Center)に位置する5つの作品構成からなり、光の段階を通じて世界の多様性と新たな生命エネルギーの創造を展示しています。

作品サイズ|W6×D14.7×H4.5m

©DAISY BALLOON

会期|2023年11月22日(水)– 2024年2月24日(水)
会場|LUMINA Guangzhou
住所|11 Qiao Guang West Road, Yuexiu District, Guangzhou,Guangdong, China
Official|http://www.gzlumina.com/

LUMINA Guangzhouの作品「調和」は、広州のLUMINA屋外入口に作品展示しています。半円の形状を繋ぎ合わせたフォルムは、インフィニティの半円の形を現し、人々の流れによって色彩が混ざり合い循環し、継続性を保つことでインフィニティ=光へと流れを形成していきます。
調和|生命エネルギーの分解と再構成のバランスを保ち、光が絶えず循環していくさまを表現しています。この「調和」の魅惑的な回廊を歩みながら、周囲の環境と文化の相互関連性について省みることをテーマにしています。

※「Walking on Air」インスタレーションは、上海(westbund / LUMINA Shanghai - Atrium / LUMINA Shanghai - Arena)、広州(LUMINA Guangzhou)、北京(World Financial Center)に位置する5つの作品構成からなり、光の段階を通じて世界の多様性と新たな生命エネルギーの創造を展示しています。

作品サイズ|W6×D16×H4m

©DAISY BALLOON

会期|2023年11月11日(土)– 2024年1月10日(水)

会場|LUMINA Shanghai - Star Arena
住所|Longyao Road No.175, Xuhui District
Official|http://www.shlumina.com/index.php

LUMINA Shanghai - Star Arenaの作品「集積」は、LUMINAを象徴する星型の屋外建造物(約1000㎡)の天井部に作品展示しています。作品「集積」は、星の中心部にエネルギーが集まりそれらが光となり放出していく様子を表しており、広州-LUMINAの作品「調和」、北京-World Financial Centerの作品「共振」へと繋がっていきます。
集積|広がる光の線は異なる領域を統合し、周囲の環境と調和しながら混ざり合い、生命の本質と生命力の活気溢れる収束を象徴しています。

※「Walking on Air」インスタレーションは、上海(westbund / LUMINA Shanghai - Atrium / LUMINA Shanghai - Arena)、広州(LUMINA Guangzhou)、北京(World Financial Center)に位置する5つの作品構成からなり、光の段階を通じて世界の多様性と新たな生命エネルギーの創造を展示しています。

作品サイズ|W10×H3m

©DAISY BALLOON

会期|2023年11月16日(木)– 2024年1月10日(水)

会場|LUMINA Shanghai - Atrium
住所|Longyao Road No.175, Xuhui District
Official|http://www.shlumina.com/index.php

LUMINA Shanghai - Atriumの作品「拡散」は中心から外側に向け、色彩豊かなエネルギーが拡散していく様子を表すと共に、下から作品を見上げるとLUMINAを象徴とする星の形状を形成している構造となっています。
拡散|結合していた光の粒子が個々に広大な世界へと拡散していくさまを表現しています。これは成長と探求の本質を象徴し、世界に希望を広める拡散を表現しています。

※「Walking on Air」インスタレーションは、上海(westbund / LUMINA Shanghai - Atrium / LUMINA Shanghai - Arena)、広州(LUMINA Guangzhou)、北京(World Financial Center)に位置する5つの作品構成からなり、光の段階を通じて世界の多様性と新たな生命エネルギーの創造を展示しています。

作品サイズ|W10×H22m

©DAISY BALLOON

会期|2023年11月9日(木)– 11月12日(日)

時間|12:00 – 18:00
会場|West Bund Dome Art Center(ブース|DG2)
住所|2555, Longteng Ave., Shanghai
Official|http://www.westbundshanghai.com/index.php/Index/

上海で開催されたアートフェアWest Bund Art & Design 2023に参加いたしました。
デイジーバルーンは、バルーンで編み込まれた5×5mの面を歪ませ撓ませた作品「誕生」を発表いたしました。
誕生|光の粒子が共鳴し揺らぎ、生命エネルギーを生み出しているさまを表現しています。この作品は、力の無限の拡張と生命のリズミカルな動きを展示し、色彩の源に戻り、生命の源を探求します。

※「Walking on Air」インスタレーションは、上海(westbund / LUMINA Shanghai - Atrium / LUMINA Shanghai - Arena)、広州(LUMINA Guangzhou)、北京(World Financial Center)に位置する5つの作品構成からなり、光の段階を通じて世界の多様性と新たな生命エネルギーの創造を展示しています。

作品サイズ|W3000×H3000mm

©DAISY BALLOON

会期|2023年8月11日(金)– 9月3日(日)11:00 – 23:00 ※ 特別演出 17:40 – 21:40の間30分ごとに実施
   2023年8月18日(金)– 8月27日(日)11:00~20:00 ※ XRコンテンツ「星座のいきものたち」
会場|KITTE丸の内 1Fアトリウム
住所|〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-7-2
Official|https://marunouchi.jp-kitte.jp/shop/tentaikansoku2023/

主催|日本郵便株式会社、企画・運営|日本郵政不動産株式会社・JPビルマネジメント株式会社、プロデュース|株式会社スペーシャルメディア
写真展|KAGAYA、天の川オブジェ|デイジーバルーン

日本郵便が手がける商業施設「KITTE」は今年で開業10周年を迎え、サマープログラム「KITTE丸の内 10th Summer Program 夏の天体観測」を開催。「天の川銀河」をプログラムテーマとし、1階アトリウムには、10000個のバルーンから成る全長約25mの天の川オブジェ「宇宙へと続く天の川 – 10万光年の旅 – 」、星空写真家KAGAYAさんによる写真展「星空が日本をつなぐ!星空写真家KAGAYA 夏の星空写真展」を同時開催いたします。
DAISY BALLOONは天の川オブジェを担当いたしました。作品内部からは、夏の大三角「ベガ、アルタイル、デネブ」の3つの点から光が降り注ぐ内部構造となっています。

作品サイズ|W11.2×H25m

©DAISY BALLOON

会期|2023年5月31日(水)– 6月12日(月)
時間|10:00 - 20:00
会場|阪急うめだ本店 9階祝祭広場
住所|〒530-8350 大阪市北区角田町8-7
Osaka Art & Design|https://www.osaka-artanddesign.com/

主催|大阪アート&デザイン2023 実行委員会
実行委員会メンバー|株式会社 阪急阪神百貨店、阪急阪神不動産 株式会社、一般社団法人梅田1丁目エリアマネジメント、大阪市
協賛|八光自動車工業株式会社、八光エルアール株式会社

大阪の街を巡りながら、アートやデザインに出会う周遊型エリアイベント「Osaka Art & Design 2023」がスタートいたします。阪急うめだ本店を擁するうめだエリアを中心に、中之島・天満橋・京町堀・本町・心斎橋などの各エリアから約20のギャラリーや商業施設が参加いたします。多彩なクリエイションに触れることのできる30以上のプログラムが登場し、大阪ならではの“感性の共鳴”を創出します。
デイジーバルーンは阪急うめだ本店9階祝祭広場にて、バルーンシェル作品「根”生命の集積”」と合わせまして、阪急百貨店 × DAISY BALLOON「Apple bear」を4種(各10体限定)を発表いたします。
1階ウィンドウ及び9階祝祭広場の天井から吊られたアート作品「バルーンシェル」は、 バルーン(風船)に白糸を巻き凝固させた後、中のバルーンを抜き出した多数のシェル(殻)を構成して制作されています。 制作時に使用したバルーンの残骸をアップルベアの体内に戻し、自然の循環、宇宙のように広がるミクロの世界を表現しました。 さらに、アップルベアをカメラで接写した写真をグラフィックデザイン化し、エリアイベント「Osaka Art & Design 2023」のキービジュアルへ発展させました。

Apple bear|アップルベアは、絶滅危惧種の動物をフォント化したアニマルフォントプロジェクトの作品として (アルファベット「A=Apple bear」)誕生しました。その後、アニマルフォントプロジェクトは、2011年に起きた東日本大震災を通じ、地球温暖化及び気候変動における自然災害への意識を喚起するアプリとして開発され、DAISY BALLOONにとって道を切り開くシンボリックな作品となっていきました。誕生、知恵、愛、創造性などさまざまな象徴である林檎をモティーフにしたアップルベアは、DAISY BALLOONが立ち還るべき「原点」=「自画像」として表現されています。

阪急百貨店 × DAISY BALLOON「Apple bear」|海:アクア(上段)、コーラル(下段左)、森:アトモス(下段中)、マグマ(下段右)
Size|W145×H245×D110mm ※エディションカード、パッケージ付
Direction|HITSFAMILY、Bodywork+Package design|西頭慶恭、Photo|小川真輝

©DAISY BALLOON

前期|海”生命の起源” 2023年5月10日(水)– 6月26日(月)1階コンコースウィンドー
中期|根”生命の集積” 2023年5月31日(水)– 6月12日(月)9階祝祭広場
後期|森”生命の還元” 2023年6月28日(水)– 7月24日(月)1階コンコースウィンドー
時間|10:00 - 24:00(1階コンコースウィンドー)、10:00 - 20:00(9階祝祭広場)
住所|〒530-8350 大阪市北区角田町8-7
Official|https://website.hankyu-dept.co.jp/honten/h/window/index.html

主催|株式会社阪急阪神百貨店、プロデュース|DESIGNART、演出|LUFTZUG、照明|株式会社DOTWORKS、設営|株式会社脇プロセス、バルーン|デイジーバルーン、繊維|豊島株式会社、大貫繊維株式会社

阪急うめだ本店1階コンコースウィンドー7面をデイジーバルーンが担当いたしました。
前期の海から中期の根、そして後期の森へとバルーンシェル(※)が形を変えながら変化していきます。
(※)バルーンシェル:膨らませたバルーンを、繊維糸(または他素材)で覆い凝固させ、バルーンの形状を記憶させた彫刻作品。シェル自体は最小単位の個体を表し、内包されていたバルーンは「細胞」、外骨格は「細胞壁」とし、それらが群体を成すことで生命の足跡や文脈を辿り、微視的から俯瞰的な視点を可視化する役割を担います。阪急うめだ本店1階コンコースウィンドー、及び9階祝祭広場で使用されているバルーンシェルの繊維は、再生繊維(糸)、残糸を使用しています。

前期|海”生命の起源”:魚群の本能として働く、トーラス状に循環しつづけたり、隣から隣へと急速に広がったりする、順応や反発が織りなす集団行動とそこから生まれるエネルギーを表現。凝固したバルーンを覆う繊維糸(バルーンシェル)の内部で、バルーンがゆっくり劣化することで、時間の流れとともに生命の循環を表しています。(写真|01-06)
中期|根”生命の集積”:巨大な根が海で生まれたエネルギーを集積し、私たちが暮らす大地に新たな生命として送り続けるさまを表現しています。巨大な根が水を吸い上げ、森へとエネルギーを送る様を光の移動で演出いたします。(写真|07)
後期|森”生命の還元”:生命の源を集積した巨大な根が連なり、大地に森を形成し、花、果実、動物などの新しい生命が生まれ、エネルギーが還元されるさまを表現しています。(写真|08-12)

写真|株式会社 阪急阪神百貨店

©DAISY BALLOON

六本木アートナイト2023が5月27日(土)– 5月28日(日)の2日間の開催です。
デイジーバルーンは、昨年同様に六本木ヒルズ メトロハットで「乱流」を展示発表し、昨年発表しました「Wave」から発展した形状を表しています。
時間の経過とともに、ラバーバルーンが自然と調和し、乱れが生じていきます。

会期|2023年5月27日(土)10:00 – 5月28日(日)18:00
会場|六本木ヒルズ メトロハット
住所|〒106-6108 東京都港区六本木6-10-1
Official|https://www.roppongiartnight.com/2023/
プログラム|https://www.roppongiartnight.com/2023/programs/16812

乱流|スティック状のラバーバルーンを平面に編み込み歪ませることで、変動性が高く、不確実で複雑、さらに曖昧さを含んだ現代社会と自然環境の対立構造を暗喩として表現しています。不正義や不条理に静かに向き合い、内なる葛藤と和解して、変幻自在に自分自身を変化させていく、予測不能な乱流のような世界で柔軟に生きる希望を込めた作品です。

作品サイズ|W10×D5m

©DAISY BALLOON

会期|2023年4⽉28⽇(⾦)
時間|開場 18:30 開演 19:00
会場|ロームシアター京都 ノースホール
住所|〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町13
Official|https://rohmtheatrekyoto.jp/event/103113/
美術手帖|https://bijutsutecho.com/magazine/news/report/27155

総合監修|清川あさみ、脚本|いとうせいこう
出演|観世流 林宗一郎(観世流シテ方)、大月光勲(能面師)、結城一糸(糸あやつり人形一糸座・糸あやつり人形劇団)、音楽|原摩利彦、舞台美術|DAISY BALLOON

総合監修・清川あさみさん、脚本・いとうせいこうさんによる初舞台「NOBODY」がロームシアター京都で上演されました。
デイジーバルーンは舞台美術(井戸と岩山)を担当いたしました。

©DAISY BALLOON

会期|2022年11月16日(水)– 12月25日(日)
時間|11:00 - 23:00 ※ 特別演出 20分ごとに実施(2.5分間)※ 初回11:20 -、最終回22:40 -
会場|表参道ヒルズ、本館 吹抜け大階段
住所|〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10
インタビュー|https://www.omotesandohills.com/feature/2022/008137.html
2022年12月31日より配信|ミニアルバム「元いた場所に還る旅」https://linkco.re/0sXb6eDS
2022年12月14日より配信|森山直太朗 - 12月 / にっぽん百歌「光のクリスマスツリー」https://www.youtube.com/watch?v=78PVwzKSQ_I

Client|Mori Building Co., Ltd.、Produce|佐藤寧子(Pranks Inc.)

特別演出音楽|「Prologue」Composed by 田中庸介 、「元いた場所に還る旅」Composed by 平井真美子
Musicians|Piano & Organ & Quartzophone:平井真美子、Guitars:田中庸介、Voice:神田智子、Drums & Percussion:宮川剛、Birds:Matinee、Soirée、Journee、Terra, Nova & Pi-chan、Glass:青木美歌、Arranged by 平井真美子、田中庸介、Recorded & Mixed by 田中庸介、Drums & Percussion Recorded by 出原亮、Drums & Percussion Recorded at 福山Cable、Piano Tuning:加古慈乃(タカギクラヴィア)、Title-translation by 岡崎詩織、Jacket design by 河田孝志、Special thanks to デイジーバルーン

「浮遊する光のバルーンツリー」をテーマに、一つひとつを手作業で作り上げた約1万4,000個ものバルーンを用いて、表参道ヒルズの象徴である吹抜け空間全体を使ったクリスマスイルミネーションを実施します。中央には小さなバルーンの集積からなる、高さ約9mの宙に浮かぶ光輝くツリーが登場。上部にも無数のバルーンが散りばめられ、大きなうねりを形成しながら、クリスマスへの喜びによるエネルギーが拡散していく様を表しています。20分ごとに実施される音と光の特別演出では、作曲家・ピアニストの平井真美子さんが今回のために書き下ろした曲にあわせ、中央にあるツリーの色が変化し、吹抜け空間全体が幻想的な光に包まれます。

作品サイズ|クリスマスツリー:W4×H9m

©DAISY BALLOON

会期|2022年10月14日(金)– 92022年10月16日(日)(予約制)
会場|六本木アカデミーヒルズ
住所|〒106-6149 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー49F

Balloon|DAISY BALLOON、Musician/Acoustic design|KAITO SAKUMA、Visual design|Akira Terabe、Medical advisor: Shohei Noguchi M.D. , Ph. D.、Experience design|Naoko Hiyama

六本木アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ49階)で開催されたFemtechFes 2022のインスタレーション3作品を会場通路天井部に展示いたしました。
宙に浮かぶバルーンは、光学顕微鏡で体内分泌物質を捉えた画像から、インスピレーションし、セロトニンとアドレナリンを表現した作品。シルバーのバルーンは身体を表し、そこに向かうパープル、ブルー、コッパーのバルーンはセロトニンやアドレナリンを表しています。その躍動は、体内で実際に起きているバランスやダイナミックな動きをイメージし、視えないものに“かたち”をあたえます。
音楽家 KAITO SAKUMAによって、空間に隠された24面のスピーカーからは、物理シミュレーションアルゴリズムによって、音符が重力で遊び、その音が質量を持ってぶつかるように作曲された楽曲が流れます。音符を一つの神経伝達物質ととらえ、その均衡や動きを音で表現しています。

作品サイズ(1.SEROTONIN Balloon|W1800×H1200×D3200、2.ADRENALINE Balloon|W1800×H1400×D4600、3.SEROTONIN Balloon|W1800×H1400×D3800)

©DAISY BALLOON

媒体|Harper's BAZAAR 11月号 No.85
頁|201-207
Official|https://www.harpersbazaar.com/jp/celebrity/celebrity-interview/a41190329/ua-220920-hb/
Interview|https://www.youtube.com/watch?v=hs6Zk_TVPGs&t=43s

Photographs|Hiroshi Manaka、Makeup|COCO at SEKIKAWA OFFICE、Hair|MASAYOSHI OKUDAIRA at YAMANAKA MANAGEMENT、Styling|KUMIKO IIJIMA at POTESALA、Balloon: DAISY BALLOON、Model|UA

Harper's BAZAAR 11月号 BEAUTY「ART DE VIVRE」でUAさんのバルーン衣装を担当致しました。
インタビューでは、カナダのファームランを拠点とする農的暮らしと動的創作活動のあいだを行き来するUAさんの”今”の美学について語られています。

201-203、207(Costume)、204-205(Headpiece)

©DAISY BALLOON
1 2 6
16