会期|2018年11月22日(木)– 12月3日(月)
時間|10:00 – 21:00
会場|パルコミュージアム 池袋パルコ・本館7F
住所|〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-28-2
Official|https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=89

主催|パルコ、企画制作|パルコ、caruta、sora、UNICUM、らうらうじギャラリー、協力|グラフィック、サビア、村川美紀建築設計事務所、大久保畳店、監修|木村宗慎 、ビジュアルデザイン|河村康輔、会場デザイン|浅野・出江建築事務所

参加アーティスト|石川真澄、伊丹豪、今井トゥーンズ、瓜生太郎、岩江圭祐、OHGUSHI、佐々木香菜子、澁谷忠臣、原聡、鈴木博雄、チバコウタロウ、丁子紅子、小林恵実子、DAISY BALLOON、DKZ、河村康輔、HAMADARAK、七菜乃、福井利佐、牧かほり&南志保、ミヤケマイ、RIBBONESIA

参加(匠)|阿以波、江南、典雅堂、中村外二工務店、西村圭功漆工房、日吉屋、宮脇賣扇庵、山本合金製作所

波動|内なる空間を有する生物として人は誕生する
音、味、香り、色、形、五感で世界が発する波動を受け取り、感情の管を振動させる能力を先天的に備えている
しかし、いつしか人は内なる空間をあらゆるもので埋めようと躍起になる
空であることで、微細で多様な振動を感知し、創造性を享受できるにも関わらず
空であることを人は畏れるようになる
宇宙に存在するすべての物体は、無秩序から秩序へと戻る為に運動する
人の内なる空間は、この無秩序の世界において、調和を見出すために必要なもの
自身と異なるもの、無秩序と調和を図るために不可視な波動を感受し、感情の真空管を通さなければいけない

波動とはそのものの声
波動とは物事の趣き
波動とは潜在的な記憶
波動とは輝きの像
波動とは光で顕在化された世界の姿

素材|ラバーバルーン、漆、サイズ|W450×D70(波動1)、W150×D70(波動2)、W40×D90(波動3)、W40(波動4)
写真|伊丹豪

©DAISY BALLOON

会期|2018年2月24日(土)– 2月25日(日)
時間|10:00 – 19:00(24日)、10:00 – 17:00(25日)
会場|SO-CAL LINK GALLERY、入場無料
住所|〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-9-8
Official|http://www.meiji.co.jp/do-wonders/exhibition/

参加アーティスト|石井 正信、清川 進也、デイジーバルーン、勅使河原 一雅、吉田 愛
主催|株式会社 明治、特別協力|朝日新聞社 株式会社 スイッチ・パブリッシング、医学博士|吉田たかよし

Bridge|私たちデイジーバルーンは、体内の抗原に対して形成される「自然免疫」と「獲得免疫」という二つの防衛ラインを往来する樹状細胞に着目しました。樹状細胞とは、侵入してきた敵を発見し攻撃する「自然免疫」の形をとりますが、それよりも、主な活動は、あらたな免疫を生み出す「獲得免疫」の情報源としての架け橋のような役割だといいます。 このような架け橋という役割に瞠目したのは、生物が進化の過程で選びとってきた「自然免疫」と、日々進化する抗原の”いま”に対抗する「獲得免疫」の狭間に立ち、情報をバトンとして受け渡すという行為に共感したからです。

©DAISY BALLOON

会期|2016年11月11日(金)– 11月23日(水)
時間|11:00 – 20:00
会場|ドコモラウンジ(ドコモショップ丸の内店併設)
住所|〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル1F
URL|http://docomodake.net/profile/calenderart/

ドコモダケ×アーティスト12名「ドコモダケカレンダー2017」の3月を、デイジーバルーンがビジュアル担当いたしました。
その企画に伴い、ドコモラウンジギャラリーでは、劣化をしたドコモダケ9点が現物展示されました。

©DAISY BALLOON

日本:
会期|2014年9月4日(木)– 11月2日(日)
時間|12:00 – 19:00(木・金)、10:00 – 18:00(土・日)
会場|Walls Tokyo(日本)
住所|〒112-0001 東京都文京区白山2-14-18
URL|http://www.walls-tokyo.com/

香港:
会期|2014年11月30日(日)– 12月7日(日)
会場|PMQ(香港)
住所|S614, Block A, PMQ, 35 Aberdeen Street, Central, Hong Kong
URL|http://www.pmq.org.hk/?lang=en

展示作家|デイジーバルーン、稲葉英樹、谷川じゅんじ、渡邉康太郎、川村真司、古平正義、NAM、川上シュン、鄭秀和、ワビサビ、徳田祐司

デザインの中にあるアートについて考える展示会『ART IN DESIGN 「デザインの中のアート」が現代アートのセレクトショップWalls Tokyoで開催いたします。
11 組の作家をキュレーションし、アートとデザインの重要性や未来の可能性を考察します。

©DAISY BALLOON

会期|2012年10月21日(日)– 11月4日(日)
時間|12:00 – 19:00
会場|Trans Arts Tokyo(旧東京電機大学校舎11号館 16階)
住所|〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2
URL|http://www.grapass.net/2012/tokyo/jpn/index.html

Graphic Designの魅力で世界をひとつに結びつけ、未来のあるべき社会を考える「Think Touch Talk」をテーマに世界を巡るイベントが東京で開催されます。今年で4年目となる東京開催は、神田にある旧電機大学11号館校舎をまるごとアートセンターへと変貌させるプロジェクト「TRANS ARTS TOKYO」の16階フロアにて開催。デイジーバルーンは#1609Aで“輪転 -rinten-”の作品を展示しています。

©DAISY BALLOON
16