会期|2021年9月28日(火)– 11月28日(日)

時間|10:00 – 17:00(火 – 金)、9:00 – 18:00(土・日・祝日)

会場|ジャパン・ハウス サンパウロ、入場無料(予約制)
住所|Av. Paulista, 52 – Bela Vista São Paulo / SP
Official|https://www.japanhouse.jp/
https://www.japanhousesp.com.br/en/
https://www.japanhousesp.com.br/en/exposicao/equilibrio-daisy-balloon/

2021年9月、サンパウロ - ジャパン・ハウス サンパウロにて、バルーンを用いたデザインを手がけ世界を魅了している日本のアーティストユニット「DAISY BALLOON」による『バランス』展を2021年9月28日から11月28日まで開催します。本展では、9,000個以上のバルーンを用いて制作したインスタレーションを紹介。バルーンアーティスト・細貝里枝氏とアートディレクター兼グラフィックデザイナーの河田孝志氏からなるユニット「DAISY BALLOON」のラテンアメリカでの初となる本展は、自然のサイクルからインスピレーションを得ており、作品を通して日々変化する必然的な時間の流れを表しています。
ジャパン・ハウス サンパウロの大きな展示スペースに、横浜風船株式会社と共同で開発したバルーンを用い、幅11メートル、高さ3メートルの大型のインスタレーションを制作。バルーンの外面には積層偏光フィルムを使用し、インスタレーションに光が当たり反射すると、空間はまるでオーロラのような輝きを放ちます。
本展は、有機的な形と人工の素材によって生み出されたコントラストが特徴となっています。「この作品は水循環のようにバルーンが蒸発する雨粒であり雲を形成してまた降雨し、地面に戻るというサイクルを想起させます」とキュレーターを務めたジャパン・ハウス サンパウロ企画担当局長ナターシャ・バルザギ・ジーネンは語ります。
これらのインスタレーションは、ヴィジュアルインパクトをもたらすだけでなく、導線に沿ってインスタレーションの間を巡ることにより、作品自体を体感する没入型の展示となっています。「バルーンは自然に少しずつしぼんでいきます。この繊細な変化を体験することによって普段とは違う時間の流れを感じます。またこの作品には、詩的な時間の流れを通して「調和」や「和」などの日本的な要素も感じられます。バルーンを用いることにより、自然の原理と必然的でありながらも、それに抗う性質を表現し、なぜか心を惹きつける人間の二面性にもフォーカスを当てています」とバルザギ・ジーネンは述べています。
『バランス』展では、全ての来館者に本展を楽しんでいただけるよう、音声ガイド、手話、点字などのアクセシビリティツールの他、ジャパン・ハウス サンパウロ の教育チームが特別に制作したアクセシビリティプログラムもご用意しています。ジャパン・ハウス サンパウロは、サンパウロ市より『アクセシビリティ認定(Selo de acessibilidade)』を受けています。 本展の情報はジャパン・ハウス サンパウロのSNSにて情報を発信するほか、オンラインセミナーやアーティストとの企画も開催されます。

キュレーター|Natasha Barzaghi Geenen、キュレーターアシスタント|Gabriela Goelzer Bacelar、 企画制作|Melissa Barbosa e Adriana Rodrigues 、ロジスティクス|Tiago Souza、TS Logistica、設営コーディネート|Rafael Filipi、Projeta、設営コーディネートアシスタント|Renato Bonfim、設営最終調整|Renato Santos、Louis Alamino、Elias Joaquim、Ludmila Figueiredo、Ricardo Soares、照明技術|Fernanda Carvalho、Luana Alves、Emilia Ramos、照明|Santa Luz、エクスポグラフィー|Jeanine Menezes、Estúdio Gru、Lia Untem、Estúdio Gru、シノグラフィー|Artos、ビジュアルコミュニVケーション|Thiago Minoru e Tissa Kimoto、Pandoala Estudio、印刷|Omamulti、翻訳|Anna Ligia Pozzetti、Komorebi、Cristina Sagara、Sagara Assessoria Linguística e Eduardo Lasota、Alcance Consultoria de Idiomas、テキスト編集|Armando Olivetti、オフィシャル映像|Tomada Produção Audiovisual、オフィシャル画像|Marina Melchers、アクセシビリティコンサルタント|Arte Inclusão、アクセシビリティテーブル|Iguale、Ver com Palavras、Efeito Visual、Tissa Kimoto、Pandoala Estudio e Arthur Souza、ArtSim、アクセシビリティプラットフォーム|UMPARATODOS、ビジュアル画像|皆川聡、協力|横浜風船株式会社

©DAISY BALLOON

会期|2020年10月23日(金)– 11月3日(火)
時間|8:00 – 22:00
会場|sequence hotel、MIYASHITA PARK
住所|〒150-0001 東京都渋谷区神宮前​ 6-20-10 MIYASHITA PARK North
DESIGNART Official|http://designart.jp/
design anthology|https://design-anthology.com/story/designart-tokyo-2020?fbclid=IwAR0UIRwLa1QBakU6zs4PUnY2SK2-qru7Jp3asOWuDk3BVIJmmVYuHC1AXm4

Joining|私たちの日常生活に溶け込んでいるポリエチレン素材をつなぎ合わせ、その特性や背景を見つめ直すことで、未来につながる新しい価値や物語の発見を促す挑戦を試みました。「人と環境のつながり」「人と社会のつながり」「人と人のつながり」など、未来に生きる私たちのあるべき姿を考える契機になれば幸いです。 作品サイズ|W5×H2m、素材|ポリエチレン

©DAISY BALLOON

会期|2018年12月8日(土)– 12月20日(木)
時間|11:00 – 20:00
会場|ハウス オブ ジーニアス 東京
住所|〒107-0062 東京都港区南青山5-2-12 R2-A
Official|https://www.moncler.com/jp/monclernow-isntthatgenius/
Numéro|https://numero.jp/news-20181210-moncler/
HITSPAPER|http://antenna7.com/portfolio/noirkeininomiya_daisyballoon/

世界で活躍する8組のクリエイターがモンクレールのアイコニックなダウンをキーワードに手掛けた、継続的なプロジェクト ”モンクレール ジーニアス (MONCLER GENIUS) 」”。この革命とも言えるプロジェクトに特化したコンセプトストア ”ハウス オブ ジーニアス (HOUSE OF GENIUS) ”が、南青山とニューヨークに出店。
12月8日(土)からは、ノワール ケイ ニノミヤの精巧なデザインと実験的なアプローチによって作られた “6 モンクレール ノワール ケイ ニノミヤ(6 MONCLER NOIR KEI NINOMIYA)” にフォーカスした、特別なイベントが期間限定で開催。DAISY BALLOONはインスタレーションを担当し、「繭」「エラーモンダック」「ラバーモンダック」の3作品を発表。期間中に、NOIR KEI NINOMIYAのアイテムをご購入していただいた方限定で、6 MONCLERラバーモンダック(NOIR KEI NINOMIYA × DAISY BALLOON)をプレゼント。

作品サイズ(繭 | W1500×H3400mm(Photo 2)、エラーモンダック | W1300×H2100mm(Photo 3)、ラバーモンダック | W172×H193mm(Photo 4)
写真|小川真輝

©DAISY BALLOON

会期|2017年8月18日(金)– 9月3日(日)
時間|10:00 – 9:00(月-土)10:00 – 8:00(日曜・祝休日)
会場|西武渋谷店A館7階 特設会場
住所|〒150-8330 東京都渋谷区宇田川町21-1
映像|https://vimeo.com/234638081

主催|渋谷西武店、コラボレート | デイジーバルーン、Image/SIGNO、Sho Konishi、空間 | 谷川じゅんじ(JTQ)、グラフィック|ヒッツファミリー、 映像|Soshi Nakamura、サウンド|Kei Komatsu、協力|Shojinmeat、Taisuke Shimanuki

バイオ技術から生まれるファッションの未来を想像する展覧会 「bionic by sputniko!」 が渋谷西武展で開催されます。展覧会は「衣服もバイオ技術で作られる未来が訪れたとしたら?」という仮説をもとに、身体拡張としてのファッションの未来について考察し、衣服がバイオから生成される様をインスタレーション(会期中増殖していく)で表現する試みとなっています。
デイジーバルーンは、自己生成している|睡眠、泳ぐという行為を極限まで高める為に自身の一部を拡張する|運動、センスやTPO が試される|デート、人生の輝かしい瞬間を彩る特別な|結婚式を想像し、4つの生活場面における未来のファッションを提示しました。 

©DAISY BALLOON

会期|2017年8月29日(火)ー 8月31日(木)
時間|12:00 – 19:00(29・30日)、11:00 – 17:00(31日)
会場|Le Hall TOGO
住所|〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前2F
URL|http://www.markandlona.com/

10週年を迎えるMARK&LONAの象徴とし牽引し続けてきたブランドロゴ「スカル」を立体的に表現いたしました。
幾何学的な配置と、それぞれのもつ形の陰影を取り入れ、見る角度や視点から、スカルの表情が変化して見えるよう試みています。
(スカルサイズ|W1700×H2200mm)

©DAISY BALLOON

会期|2016年7月22日(金)
内覧会|16:00 – 18:00
レセプションパーティー|20:15 –
会場|ホテルアンテルーム京都
住所|〒601-8044 京都府京都市南区東九条明田町7番
URL|https://hotel-anteroom.com/gallery/artworks/

作品名|ブラックホール
制作日|2016年8月
デイジーバルーン|名和晃平

今回のリニューアルでは、新たに67室を増室し、SANDWICHのアートディレクションのもと「365日アートフェア」というコンセプトが加わりました。この革新的な試みには、世界的に活躍するアーティスト、若手アーティストに加え、アルトテックやギャラリーノマルといった多彩な顔ぶれも賛同、70組余りのアーティストによる200点以上もの作品が、客室、パブリックスペースなど、館内の至るところに展示されます。作品は購入することもでき、展示作品は新陳代謝のように常にフレッシュな状態で入れ替わります。
デイジーバルーンは1階(Room No.164)の展示を担当しています。室内は「Big Bang」シリーズの2作品、庭に彫刻家の名和晃平氏とのコラボレート作品「Black Hole」が展示収納されています。

©DAISY BALLOON

会期|2014年2月2日(日)– 2月10日(月)
時間|7:00 – 26:00
会場|代官山T-SITE・代官山蔦屋書店
住所|〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17−5 代官山Tサイト
Order Form|https://daisyballoon.stores.jp/items/52fec0b18a56100f76000224

ブックカバー:
バルーン|デイジーバルーン、フォトグラファー|皆川聡、メイク|EBARA、ヘア|Koji Ichikawa、スタイリスト|小山田孝司

2008年結成後以来、「感覚と質」をテーマに掲げて、バルーンで構成された数々の作品を制作し続けているバルーン・アーティストDAISY BALLOONの第二弾となるアートブック。
本作は、2012年4月から2013年11月までの計16作品が収録されています。バルーン素材を主体とした1作目の作品集の流れから、2作目はバルーンの素材以外の要素を取り入れ、作品を通じて融合を試みた意欲作となっています。代官山蔦屋書店では、展示を含め、写真集vol.2の先行発売の打ち出しです。

©DAISY BALLOON

会期|2014年1月24日(金)
会場|colette Paris
住所|213 rue Saint-Honoré 75001 Paris
URL|http://www.fashion-headline.com/article/2014/01/25/4893.html

ミキモトとハローキティが協業したジュエリーコレクションがパリのセレクトショップ「コレット」にて初披露しました。
デイジーバルーンは、パールホワイトのジュエリーと対称性を図り、パールブラックで構成されたバルーンドレスと、「ミキモト×ハローキティ」のコラボレーションジュエリーを象徴としたバルーンバッグを発表いたしました。

©DAISY BALLOON

世界遺産チャリティーアートエキジビション
「レゴ®ブロック」で作った世界遺産展 PART-3
展示|2012年10月 -
URL | http://www.pofp.jp/

デイジーバルーン写真集 vol.2|構築
制作日|2013年10月
頁|43-47
撮影|東京、日本
オーダーフォーム|https://daisyballoon.stores.jp/items/52fec0b18a56100f76000224

バルーン|デイジーバルーン フォトグラファー|皆川聡、ヘア|Dai Michishita 、メイク|Kanako Yoshida

構築|他者と異質であるさま、それは畏れであり、また自意識の門前に立脚することである。 嘗て、自意識が総体になりえた時代もあったが、現代では全体が細分化し、同時に 自意識の解体が迫られている。その為、現代人は他者へと意識を拡張し、思考することで自意識の再構築が求められるようになった。拡張の過程で、私たち人類は物質の構成単位まで紐解く技術を手中にし、共有なるものを新しい知見として掘り出す事に成功している。新しい知見は、異質なるもの同士を結ぶ接点として突如現れたかに見えたが、実は 私達の惑星、宇宙には既にコードとして書き残されたものである。 果たして私たちは、物質の最小単位から構築する過程に、何を見い出すべきだろうか。それを探求するには、他者へ眼差しを向け続けなければならないだろう。

©DAISY BALLOON

会期|2010年2月24日(水)– 3月14日(日)
時間|10:00-20:00
会場|ハーバーシティ 香港
住所|3-27 Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong

デイジーバルーン写真集|「光と影とバルーン」
制作日|2010年1月
頁|27-45
撮影|東京、日本

バルーン|デイジーバルーン
フォトグラファー|間仲宇、フォトレタッチ|櫻井喜明、ヘアメイク|須田理恵、スタイリスト|丸本達彦

香港最大級のファッション・ショッピング・モール:ハーバーシティーにて 「Chocolate A-Z Exhibition」が開催され、70メートルに渡るギャラリー通路にて、14枚の作品が展示された。「Chocolate A-Z Exhibition」は、香港のクリエイティブ・スタジオ AllRightsReserved がキュレーションした展示会で、チョコレートの持つ魅力や可能性を、A~Zまでの頭文字から成るアート及びプロダクトを媒介にして表現されたイベントである。 世界から35組のアーティスト・デザイナーがこの展示の為に、アートワークを制作。世界から著名なアーティストが集結するにあたって、より日本らしい作風を意識し、国内で眠っている技術・資質に強烈な光を当てることで、浮かび上がる陰影にフォーカスしている。 停滞する日本経済の中で、新しいイノベーションを産む事は必須だが、それと同時に、スポットライトが、未だ充分に当たっていない感性や業界に光を当て、再構築することは、日本がネクストステップとして示すべき道である。強烈なフラッシュライトを焚くと、瞼を閉じた際、陰影が残るように、色彩の強弱や陰影の強い造形美は、この通路の歩行者にとって、残像として日本の進むべき道を印象付ける効果を与えたと考えている。

©DAISY BALLOON
16